オオサカ堂ホームページの口コミ評判について

オオサカ堂ホームページの口コミ評判について

MENU
RSS

医薬品等の個人での輸入とは?通常は医薬品を他国から持ち込むには、国の許認可が絶対条件なのです。

 

しかし、営業のためではなくて自らに用いるために買い入れる場合は、医薬品個人輸入の法令上の申請をすることによって、法令の範囲内の数量に限り買いつけることが認められています。

 

そのため、日本では買うことのできない、国外製の格安の治療薬や後発の医薬品(ジェネリック)などを、自分に利用する分だけなら手に入れることができるのです。

 

このことが医薬品の個人輸入という制度という訳です。

 

国内で治療薬を手に入れる場合は、診療所などを受診して、先生の指示に従って処方箋を入手します。

 

その後に薬局などで手に入れることになります。

 

通院費・診察費・処方箋にかかる代金・医薬品の代金など、すごく高額の金銭を払うことになるのです。

 

また、AGAの薬やEDの治療薬、治療目的外に使うピルというような薬品は保険適用外の物であるので、薬にかかる費用は自費となってしまい、非常に高い費用を払うことになってしまっています。

 

ですが、医薬品等の個人輸入をする事で、国外の非常に安い医療目的の薬やジェネリックを取得することができることになります。

 

長期にわたって服用が必要な方、問題や病状によっては医療機関に行くというのが恥ずかしかったり、何らかの事情で病院などを訪れにくかったりする方たちには、良い点が多くあるのです。

 

各代金が非常に節減できます。

 

また、医療機関へ行く手間や病院で待つ時間を省けるなど、メリットばかりといえます。

 

医薬品の個人輸入は違法か?国内の法律の中には、治療薬に関連する薬事法という名称の法律があります。

 

この薬事法という法律では、薬を外国から入手する時は診療機関や薬剤店などに関係なく、厚生労働大臣の許認可を受けることが必要なのです。

 

ただし、一個人が自ら使用する目的で法の範囲内の数量を国外から輸入する場合、指定された手続きだけをすれば、薬を異国から持ち込むことが許可されています。

 

つまり、医薬品を個人で輸入するのは違法行為とは考えられず、法の範囲内の行動といえるのです。

 

このことは厚労省の公式サイトにも詳しく表記されているので、心配な方は厚労省のサイトもご確認になることをおすすめします。

 

下記のQ&Aは、政府省庁の一つ厚生労働省のサイトから、医薬品等の個人輸入についての質問文と回答文の箇所を抜粋して、見やすく書き直した質問と回答です。

 

Q.医薬品等の個人での輸入は、薬事法という法律で違法とされていますか?A.医薬品などの薬や化粧品、医薬部外品などは、人々の心や身体などに直接的な影響があると思われています。

 

そのため、薬事法によって、質や効能、安全性などを論理的に検証してみた後、安全な製品であると判明した薬のみが流通するように厳正に規制しています。

 

ただし、個人での輸入が全て禁止されてしまっているとはいえません。

 

自らに利用・服用する分だけに限れば、個人輸入することが認められています。

 

しかし、個人で輸入することが認められるのは自らの使用分に限定されているということで、個人輸入した治療用薬品などを別の方へ売ってしまったり、与えたりするようなことは、薬事法の下で完全に制約されていることに留意してください。

 

留意しておくべき事案。

 

医薬品の個人輸入は、希望する医薬品をインターネット上でオーダーすることにより、簡単に購入できる有益な手法です。

 

ですが、ネット上の情報記事や口コミなどの見ず知らずの人の情報のみを信用して、個人で結論づけて医療用医薬品を個人輸入することは非常に危険性のあることといえます。

 

同じ病や同じ悩み、同じ症状で悲痛な思いをしている人が使用して効果があった医療用医薬品であったとしても、当然のことになりますが、自分の体質は体験した方と同一ではないのです。

 

医療目的の薬の効果や副作用には使用者ごとに差があることで、個人で結論づけて医薬品を個人で輸入して飲用した時には、症状がさらにひどくなったり、最悪の場合には死亡するようなこともあったりするということも知っておかなければなりません。

 

このことから、当方では、浅薄な考えで医薬品の個人輸入を利用することはすすめられません。

 

何よりも先に医者や調剤師などに代表される医療従事者の話を聴取したり、予め医療機関を訪れて処方された医薬品と同じものを入手したりするという利用法を奨励しております。

 

他にも、医薬品の個人での輸入を始めるより先に、沈着かつ丹念に熟考することを推奨しております。

 

医薬品等の個人輸入をすれば、実際に非常に安い価格で医薬品を買いつけることが可能となりますが、どうあっても全て自身の責任といわれることに留意しておいてください。

 

医薬品個人輸入の代行業者とは?医療目的の薬を個人輸入するといいますが、自身が海外にある製薬会社に英語を使って注文をしてみたり、困難な手続きなどや書類の提出をやったりするというのは、簡単にはできるものではありません。

 

どの国の製薬会社が適当なのか、買い方はどんな風にするのが適当なのか、許可申請に要る書類は何か、そして、どんな内容を記載しなければいけないのかなど、一般人には分からないことばかりなのです。

 

そのため、最近では医薬品の個人輸入の代行業者が代わりをしており、事業内容は私たちの代わりに薬などを買いつけてくれることなのです。

 

それに、大体の医薬品個人輸入代行業者は、ネット利用可能な店舗(サイト)を作っているので、検索するだけで容易に見つかるはずです。

 

医薬品個人輸入の代行業者は、外国の製薬会社から医薬品を手に入れて、利用者の名義を使った個人輸入という形式で国内へ取り寄せてくれます。

 

それから、注文した人の自宅まで郵送してくれることになります。

 

簡単にいえば、医薬品の個人輸入の仲介をしてくれる存在です。

 

けれども、警戒しておかなければならないことがあります。

 

それは、医薬品個人輸入代行業をビジネスとしている会社などは多く確認されており、とあるリサーチ結果を持ち出せば、80%を超える業者がニセモノを扱っていたという話も存在しているということです。

 

この事柄は各メディアでも大きく取り扱われたこともあり、ご覧になった方もおられると思います。

 

衝撃的に紹介されたこともあって、警察関係者も違法行為や悪徳行為をする業者の摘発を一斉に行ったことで、ほぼ見ないようになっています。

 

しかしながら、やっぱりどの業界も同じようなもので、悪徳・違法行為をする連中が隙あらば業務を再び始めたり、ばれないように内々に業務を続けていたりしているというのが現実です。

 

それに、新規発足の悪徳業者や違法業者もウヨウヨと発見されているという報告もあります。

 

医薬品等の個人輸入の代行業者に頼む際は、必ず信頼のおけるサイトに注文するようにしてください。

 

オオサカ堂というのは何か?この「オオサカ堂」というのは、1997年創業の老舗のサイトで、近年、利用者の口コミの評価などで特に優れた評価を受けている医薬品個人輸入代行サービスのサイトの名前なのです。

 

通販サイトの名称や通信販売ショップ名などと一言で表現することができないことには、色々と訳があるからです。

 

薬事法などの規則では、営業として医薬品などの海外からの取り寄せや商いをする時には、厚生労働省に許可・認可されておく必要があるため、基本的には海外からの買いつけや商売は許されていません。

 

すなわち、こちらのオオサカ堂は医薬品個人輸入の代行業をしているサイトとなっており、治療薬などを個人で輸入したい方の代行で輸入をするという方法の業務をしているという訳です。

 

オオサカ堂の公式のHPの「特定商取引法に基づく表記」の言葉を借りれば、こちらの「オオサカ堂」というのは、単純に店舗(サイト)の呼び名なのだということになるといえます。

 

さらに、オオサカ堂という名称の店舗(サイト)を展開しているのは、香港に拠点を置いているロイユニオン社という貿易会社です。

 

そういうことで、一般的にいうならば、医薬品個人輸入代行業者といえるのです。

 

現在は中国へ返還されましたが、香港というのは中華人民共和国香港特別行政区であって、中国といえども他とは違う進歩を遂げた貿易都市です。

 

1997年まではイギリスの植民地であったため、世界と比べても屈指の貿易都市に数えられる進歩を遂げていて、物凄く卓越した貿易のプロたちが集中しています。

 

このロイユニオンという企業は、そのプロの中でもより一層巨大な会社です。

 

医薬品等の個人輸入の代行業者といっているサイトは、ネットの世界には多数展開されているのですが、その多くが会社の所在地を記してないものだったり、嘘の所を載せていたりすることが多くて、運営者が分からないようになっているサイトが多くあります。

 

一方で、オオサカ堂(ロイユニオン社)が記載する所在地を調べると、この会社の建物が実在すると裏づけられているので、問題なく信頼して良いといえるでしょう。

 

オオサカ堂を運営している会社ロイユニオンというのは?オオサカ堂とは、先に述べた通り医薬品個人輸入代行業者であり、香港が拠点となっている貿易会社であるロイユニオンという企業が運営しています。

 

しかし、ロイユニオンがオオサカ堂という名前の店舗(サイト)限定で経営を行っている訳ではありません。

 

幅広いサービス業務をしています。

 

その一つ一つに特徴を有していますが、どれも管理する会社はロイユニオン社ということです。

 

例えば、ペットの医薬品等の個人輸入代行サービスをしているサイトに始まって、オオサカ堂のように医薬品個人輸入の代行サービスを展開している店舗(サイト)に至るまで、複数のサイトを操業しているのです。

 

その複数ある店舗(サイト)を比較すると、極めて高い人気を集めていて高評価な所がオオサカ堂ということです。

 

しかも、オオサカ堂(ロイユニオン社)は、世界有数の大規模ホールセラー(薬品などの製造業者とロイユニオン社との境目に立っている業者を指す言葉。

 

俗にいう卸売業である。

 

)と契約を締結しており、そのホールセラーは医薬品取扱のライセンスも保有しています。

 

そのため、不良品などが市販されるなどということは考えにくく、全部の医療用の医薬品などが本物だけであると断定できます。

 

つまり、大変信憑性は高いといえるのです。

 

また、普段からオオサカ堂(ロイユニオン社)の方も、自ら薬品製造会社へ審査に向かって現場の状況を確かめたり、外部の調査機関に依頼して調査を行ってもらったりするのです。

 

また、調査した結果は成分鑑定書という形でサイトの中に載せているので、商品の管理は徹底しているということが窺えて、不安もなくなると考えます。

 

オオサカ堂に関連する評判はどうなっているのか?オオサカ堂をインターネットを通じて検索してみると、「オオサカ堂 詐欺」という言葉や「オオサカ堂 偽物」などというキーワードが、同時に出る時があるのですが、このようなことは、オオサカ堂についての検索に限った話ではありません。

 

何でも知名度が高くなってしまったり、使う方が増加したりすることで、良い評判と同じくらいに悪意のある評判も出てしまうものなのです。

 

例を出すと、近年では当然の「インターネット通販」でも、一昔前には同じようなことがあったのです。

 

雑誌やテレビCMなどの各メディアに連絡先の番号が載せられており、本当に電話を使って会話をして欲しい商品の注文が可能なやり方は、安心できると思っている方が多数派の時代もありました。

 

つまり、今のようにネットが世間に広まる前には、ネット経由の商売は相手方を知ることができなかったり、相手の声が分からなかったりすることから、懐疑心を持つ方が多くいたということになります。

 

一方、今ではパソコンやスマホが普及するなど、インターネットの環境面も整い、インターネット通販に不信感を募らせる方はほとんどいません。

 

一つの例ですが、インターネット販売で有名な「楽天市場」とか「Amazon」などのサイトで物を買う方々が、楽天市場は詐欺がある、Amazonは偽造品を売っているなどと告げ回ることはないですし、そんな評判などは聞きません。

 

(ですが、一つ一つの店舗や商品には、個々に評判が出ているということもありますが……。

 

)オオサカ堂というサイトも、ネット利用者の増加に伴い、医薬品等の個人輸入代行サービスとして瞬く間に知名度が上昇することになったのでした。

 

しかも、世の中では「医薬品個人輸入代行サービス」という言葉の意味も理解できないという方がたくさんいるため、より不信感を持ってしまう方が多くいます。

 

以上のことにより、今はまだ色々な評判が出ています。

 

ですが、このようなことは不自然ではないと思われます。

 

では、実際のオオサカ堂の評判は一体どうなっているのか?今では著名なYahoo!(ヤフー)やiPhoneでも使用する最大手のサーチエンジンとして有名なGoogle(グーグル)の人気度数を調査できるサービスを活用して確かめてみました。

 

検索する単語は「オオサカ堂」にしておき、注目度と人気度を確認することにします。

 

その結果は以下に示した通りとなりました。

 

オオサカ堂の人気度・注目度。

 

 

人気度を確認しても、評判のことを判定することは一概にはできません。

 

しかし、参考にはなるでしょう。

 

では、どうしてオオサカ堂の注目度は今まで上がっているか、その訳を次の項目で検証しましょう。

 

オオサカ堂の信頼度について。

 

1997年からずっと利用され続けている歴史のあるサイトとなっています!少し前には医薬品等の個人輸入代行サービスを請け負うサイトは、数え切れないほど展開されていました。

 

でも、大多数が法律違反を日常的にしていたり、まがい物を販売していたり、代金だけを払わせておいて注文品を郵送しなかったりしていたというサイトで、世にいう詐欺をするサイトだったのでした。

 

それが新聞などのたくさんのメディアでも大々的に報じられたことで、摘発されてしまったり、違法行為をしたサイトが閉鎖してしまったりして、違法サイトはすぐに減少するということになったのでした。

 

今でも営業を続けられている医薬品等の個人輸入の代行サービスを利用できるサイトはオオサカ堂以外を挙げると数えるほどになってしまいました。

 

特にオオサカ堂というサイトは創業年が1997年でありながら、長い間続くだけの伝統と実績もあるサイトとなっています。

 

現在でも経営を行える理由を説明すると、悪質な行為やごまかしをしないで、真摯に業務に心血を注いでいた証明でもあるのです。

 

しかも、リピートしている人数が非常に多数に上ることも信頼度がある証ではないでしょうか。

 

取り寄せられるすべての医薬品や薬が本物(純正品・正規品)だけ!前にも述べましたが、オオサカ堂という店舗(サイト)は「何があっても本物以外を取り扱わない。

 

」という企業理念のもと運営しているということです。

 

 

(オオサカ堂の公式のHPから引用しました。

 

)その証拠に、世界有数の大手業者のホールセラー(医薬品などの製薬会社とオオサカ堂の中間に立つ会社。

 

)と商取引の契約をしています。

 

さらには、率先して恒常的に製造元の製薬会社へ査察に向かって質をチェックしているのです。

 

その上、非常に注文の多い医薬品に関しては、第三者機関に委託して成分鑑定書を出してもらうのです。

 

その成分鑑定書はホームページの中で公表されているから、誰でも確認が可能です。

 

具体例)オオサカ堂で1番の人気商品プロペシアの成分鑑定書です。

 

 

特定商取引法に基づく表記が正確です!医薬品等の個人輸入の代行サービスに限定したことではなく、インターネット上の通信販売などで何かを購入したり、料金を出して希望する契約を結んだりする場合、こちらの「特定商取引法に基づく表記」といわれる記述は大変肝心なものになるのです。

 

この説明書きがない時とか、この記載が正確ではない時は、胡散臭いと判断する方が賢明です。

 

いくつも存在する医薬品等の個人輸入代行サービスを名乗るサイトでも、話題にした「特定商取引法に基づく表記」が何も記述されていないままだったり、正直な記載ではなくて見事に欺いていたりするというサイトなどが、何とも多く運営されているということです。

 

もしも運営者の住所が載せられていたとしても、グーグルマップなどで検索してみたら、ビルがない(実在しない)時もあるので、入念に警戒してくださいませ。

 

この方法で、オオサカ堂(ロイユニオン)が表記する所在地の検索をやった結果、この社の建物が実際に建っていることを確認することができたのです。

 

また、主要取引銀行となっている香港上海銀行(HSBC)も規模が大きいので信頼できるといえるでしょう。

 

安心できるSSLに完全対応なので、情報保護の対策も強力といえます!

 

 

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略称で、ネットにあるたくさんのウェブサイトなどで入力しているプライバシー関連情報とかクレジットカード関連情報などを暗号化して、安全に送受信する技術の名称をいいます。

 

オオサカ堂ホームページは、こちらの安心なSSLに全面的に対応しているため、個人名や現住所、連絡先の電話、発注する薬の名称などが含まれる個人の情報やクレジットカードに関する情報など、入力する情報を漏らしてしまったり、盗まれたりすることから防御するなど、徹底的に守護してくれるのです。

 

日本郵便が提供する郵便追跡システムに対応で安心。

 

 

依頼した医薬品が着くまでの間、現在はどこまで来ているのか、どういう様子になっているのか、大まかにどの程度で届くのかということなどが、最高に気になるところです。

 

オオサカ堂の注文品は、日本郵便の郵便追跡サービスに対応できているので、日本国内に届いた後の配達状況が時間差なしに知れるようになっています。

 

 

上記した感じの一覧で現状を確かめることができるようになっています。

 

それから、表の赤字の丸と矢印記号で示してあるのが、届いた日です。

 

この時の医薬品は年末の12月27日に発注した物だから、決済完了後7日目に送られてきたことが見受けられるはずです。

 

オオサカ堂公式ホームページを見ると、トップページ左下の所に、サイトを確認している日に依頼した時に考えられる到着する予定日の目安が表記されているので分かりやすいでしょう。

 

更新は毎日してあって、普通は10日前後で到着する目安となっているのですが、今までの間に発注した経験では、すべて予定日よりも早くに送られてきていることばかりです。

 

素早い対応の仕方からも信用しても良いといえると考えます。

 

届いたお問い合わせには即日の返信で対応しています。

 

オオサカ堂は、あくまで個人輸入代行サービスを行っているだけであり、医療用医薬品などを売り渡しているサイトではないということができます。

 

そのことからも、薬に関係する問い合わせや話には応じられません。

 

ですが、その他のことを尋ねるお問い合わせメールは、利用する人の心情を考えて、その日の間に回答の返信を返してきてくれるはずです。

 

もし、頼んだ物を家まで届けるのではなく、近所の郵便局留めに変更したいといった内容の相談事についても、早急に答えをもらうことができるので、物凄く安心できます。

 

オオサカ堂の基本納期と品物到着まで(1)

 

オオサカ堂についてGoogleやYahoo!などを利用して検索を行った時、たまに「オオサカ堂トラブル」・「オオサカ堂詐欺」・「オオサカ堂届かない」というような単語が表示される場合があります。

 

そこで、気がかりな方々のために、今回は私が自分でメガリスという名前の薬を、次の回の記事ではフランス製シルデナフィルという医薬品をオオサカ堂の公式ホームページから発注した時の体験をお話ししましょう。

 

両方とも10日後になるという決められた納期より早く送られてくるという経験でした。

 

オオサカ堂の納期とメガリスという医薬品を購入注文してから届くまでの間の体験談。

 

 

オオサカ堂で注文から決済までが終了した画面ですが、右下辺りに9月21日の日付が表示されています。

 

この時に発注を行ったのは、夜の10時くらいだったのでないかと思うのですが、当日の間にクレジット決済完了というメッセージが送られてきたのです。

 

 

そして、オオサカ堂で働くスタッフさんが海外でメガリスという商品を私に成り代わって買ってくれて、輸入手続きを代わりに行ってくれて、外国から届けられるまでに要した期間は3日くらいだったみたいです。

 

 

メガリスという商品が自宅に届けられたのが9月30日でした。

 

海外から送られてきて、税関を通過して、日本郵便の郵便物の配達状況に現在地が反映されたのは9月24日となっています。

 

それから先の配達状況は以下の表をご確認していただくと、お分かりになると思われます。

 

注文品がちゃんと自宅に到着したのは9日後になる9月30日です。

 

(私は席を外していたため、手にしたのは少し後なのですが……。

 

)届いた小型のダンボール箱の周りの記述は全てが英語で書かれていました。

 

そして、商品名のところは「ヘルスサプリメント」とだけ書き込まれておりました。

 

家族や配達人に内容物が分からないように配慮がなされていたのでした。

 

他にも、自宅に送ってくるのが迷惑であるという人は、最寄りの郵便局留めのサービスも行われているので、オオサカ堂の公式ページからメールを使ってサービス内容を尋ねるのが良いのではないでしょうか。

 

その日の内に返信をいただけることでしょう。

 

今回頼んだ薬は現地の製薬会社で入手することになっていて、そういう薬の個人輸入は、注文から決済までが全て完了してからでないと外国での買いつけや送る手続きなどの用意ができません。

 

ですから、送られてくるまでこのくらいの日数がかかります。

 

ですが、取得しやすい育毛剤とかサプリメントなどの注文品の中には、最短3日で頼んだ物が届くこともあるようなのです。

 

さて、今回の記事ではメガリスの注文から手に入るまでの流れを体験談として話させていただきました。

 

名前が間違っていたり、自宅住所が誤っていたり、税関で問題が起きたりするなど、何かしら予期せぬ事態があったとすれば、期せずして着かない公算も否認はできないといえます。

 

とはいえ、オオサカ堂さんに直に聞いてみたら、今のところはそのようなことはほとんどないそうです。

 

そういうことなので、安心できると思います。

 

オオサカ堂の予定納期と発注品が到着するまで(1)オオサカ堂の予定納期とフランス製シルデナフィルという薬を発注してから配達されるまでの期間実体験。

 

フランス製シルデナフィルという医薬品を、毎度のように堂々と7箱分である28錠も注文してみることにしました。

 

年の暮れで忙しい時期の購入だったということもあり、少し届くのが遅延するかも……と思っていたものです。

 

ですが、とても清々しく見込みを裏切ってもらいました。

 

注文から決済までが終わると、間もなく手元に「オオサカ堂正式受注書」が送られてきたのです。

 

次の画面の右下を赤ペンの丸で囲っているように、オーダーしたのは12月27日だったのです。

 

↓また、次の詳細を見てもらえば分かりやすいと考えますが、日本郵便が行う貨物配達状況の記録通りに、私の家に送られてきたのが1月3日のことです。

 

 

↓注文を行った日が12月27日だったので、そこから12/28・29・30・31・1/1・2・3(到着)となっているのです。

 

 

要するに、注文から決済までが全て完了した日にちを含めたとしても、わずか8日で配達されたということになりました。

 

オオサカ堂のページでは、届けられる予定日をおよそ10日後と記載していることが普通です。

 

今回も以前と同様で、予定された納期よりも短い期間で到着しました。

 

また、年の瀬のとても多忙な時期だったのですが、ほんの8日で送ってもらえて、毎度のように依頼者を裏切ることがありません。